サイトマップ

交通事故での後遺障害「高次脳機能障害」 | 子供高齢者交通事故防止マニュアル

交通事故後遺障害「高次脳機能障害」

1|高次脳機能障害とは?

高次脳機能障害は、脳の一部が損傷したことにより生じる行動・認知能力の障害のことを言います。

これは、交通事故で頭部を強く打った等が原因で、脳が傷ついてしまうと発症します。

発症した時の症状としては、記憶の障害や、判断力の低下、性格の変化、被害妄想等の症状が出ます。

2|どのような事故で発症するのか?

高次脳機能障害は、頭部を強打、または衝撃を受けた場合に発症する可能性があります。

例えば「オートバイ等の二輪単車運転中に、自動車が後方から追突し、体制を崩して倒れた時に、頭部を強く打った。」等があります。

これに限らず、自動車運転中の事故であっても、頭部への強い衝撃が加えられると、高次脳機能障害発症の可能性があります。

3|具体的な症状は?

高次脳機能障害を発症すると、

「記憶の喪失(忘れっぽくなる等)」

「性格の変化(急に暴言や暴力が増える等)」

「判断力の低下(注意力がなく、物事を決めることが遅くなった等)」

以上のような症状が発症します。

この後遺症は、人によって回復の見込み・程度等が一定ではありません。

また、多くの場合、早期のリハビリが必要になってきます。

頭部への傷害を伴う、交通事故に遭った後、家族や親戚等、近親者から見て「行動が前と違う、おかしい」と感じたら、注意が必要です。

4|後遺障害等級認定をとるには

高次脳機能障害において、後遺障害等級の認定をつる為には、「SPECT(放射断層撮影)」「PET(陽電子放射断層撮影)」等の、画像診断検査を行うほか、神経心理テストなどを併行して行う必要があります。

これは、高次脳機能障害というものが、外面では判断がし辛く、自覚症状を感じにくい為です。

後遺障害等級の認定をとる時には、

  1. 意識障害の有無
  2. 画像診断での所見の有無

が重要視されますので、必要となる検査は全て受けましょう。

交通事故 なんでも情報局
交通事故の用語 後遺障害の種類