サイトマップ

交通事故での後遺障害「外貌醜状」 | 子供高齢者交通事故防止マニュアル

交通事故後遺障害「外貌醜状」

1|外貌醜状とは?

外貌醜状は、他の人から見て、醜いと思うもので、顔や手足等、体の一部分に瘢痕(はんこん)、いわゆる、あざ等が残ってしまったことを言います。

ただし、中には外貌醜状として認められない場合もあり、頭部に瘢痕が残っていても、髪の毛でその痕が見えない場合や、あごの下に瘢痕が出来たが、正面から見た時に確認できない場合等は、外貌醜状として認められないので、注意が必要です。

2|どのようなものが外貌醜状となるのか?

外貌醜状として認められるものとしては、以下の例があります。

1. 腕に醜状を残すもの(後遺障害等級14級4号)

左腕に、手の平大の瘢痕が残ったもので、肌を露出した時に目立つもの。

2. 顔の一部に醜状を残すもの(後遺障害等級12級14号)

顔に10円硬貨異常の大きさの瘢痕が残ったもの、また、別では、3cm以上の線状の痕が残ったもの。

3. 顔、頭部に大きく醜状を残すもの(後遺障害等級7級12号)

顔では、鶏の卵以上の大きさの瘢痕、または、10円硬貨以上の窪みが残ったもの。

頭部では、手の平大以上の瘢痕が残ったもの。

これに限りませんが、外貌醜状は、はっきり目立つものが、原則、認定対象となります。

3|後遺障害等級の認定

外貌醜状であることを証明する為には、医師の診断書が必要なのはもちろんのこと、外貌醜状は「見た目」の問題ですので、顔に瘢痕が残ってしまった場合は、交通事故に遭う顔前の写真と、遭った後の顔写真が、証拠として必要となってきます。

等級の決定は、瘢痕の大きさや状態等で決まってきます。

以前は、男女で等級の決定に隔たりがあり、女性の方が、高い等級を取る傾向にありましたが、現在では、その隔たりはなくなり、男女共、平等となっています。

4|外貌醜状の逸失利益

外貌醜状では、この逸失利益が問題となります。

逸失利益を認めるか、認めないかが争点となり、認められた場合の、労働能力喪失率をどうしていくかが考えられます。

通常の後遺症逸失利益と違い、外貌醜状の逸失利益は、事案によって変わります。

例えば、モデルを職業としている方で、外貌醜状の後遺症が残ってしまうと、本人の気持ちもさることながら、所属事務所から見限られ、最悪の場合、解雇されてしまう等も考えられます。

こうなってしまうと、労働能力喪失率は変わってきます。

ただし、全ての場合で逸失利益が出るわけではなく、やはり、その時その時の状況によって変わってきてしまいます。

交通事故 なんでも情報局
交通事故の用語 後遺障害の種類