サイトマップ

費用0円?弁護士費用特約 | 子供高齢者交通事故防止マニュアル

交通事故弁護士費用特約とは

1|弁護士費用特約とは何か?

交通事故が発生した時には、保険会社との示談交渉に入る場合があります。

この時、自分で交渉しようとすると、相手方の保険会社に、納得のいかない金額で示談を成立されてしまいます。

これに引き換え、弁護士に依頼をすると、交通事故で発生した様々な事柄を、専門的な知識をもとに、保険会社との交渉を行ってくれます。

弁護士費用特約は、交渉の際に発生した弁護士費用を保険で立て替えてくれるものになります。

2|弁護士費用特約を使うケース

交通事故が起きた(起こってしまった)場合、事故の状況により、自分に何%の過失があるのかが算出されます。

この時、任意で加入した自動車保険を使用すると思われますが、加入した保険に、弁護士費用特約がついていれば、使用する事ができます。

通常、交通事故の過失割合による示談狭小では、お互いの保険会社が話し合いをし、示談を成立させますが、示談金等は納得がいかないケースが多いです。

ここで、弁護士が介入することにより、示談金のほか、慰謝料の請求などを細かく行います。

ただし、自分に過失が無い場合、「自分0:相手10」などのケースは、自分に賠償責任が無いため、任意保険を使用する事が出来ず、弁護士費用特約も使えなくなってしまうので、注意が必要です。

3|弁護士費用特約の確認を適応範囲

任意で加入した保険に、弁護士費用特約がついているかどうかは、契約したときの保険証を見るか、加入している保険会社に、直接問い合わせて確認をします。

また、契約した保険の内容にもよりますが、弁護士費用特約は、自分だけではなく、配偶者や子供など、家族が知人の車に乗っていて事故を起こしてしまったといった場合にも使用できることがあります。

4|弁護士費用特約を使って、弁護士に依頼するとどうなる?

  1. 弁護士に保険会社との示談交渉を依頼したときに発生する、費用を立て替えてくれます。
  2. 面倒な交渉等は、全て弁護士対応してくれます。
  3. 弁護士費用特約を使っても、保険料は上がらず、等級も下がりません。

交通事故が発生した時、弁護士に依頼すると、相手方の保険会社が提示してきた賠償金額が大幅に増額する可能性があります。

ひとつ注意が必要なのが、保険会社に弁護士費用特約を使うことを伝えると、保険会社が用意した弁護士を勧められますが、状況等を考えるとあまりお勧めはできません。

依頼する弁護士は自分で探して、信用できる交通事故に精通した弁護士に依頼をするのが一番です。

交通事故 なんでも情報局
交通事故の用語 後遺障害の種類