サイトマップ

加害者になったらやるべきこと | 子供高齢者交通事故防止マニュアル

交通事故加害者になったら

1|加害者となってしまった時、まずすべき事

交通事故を起こしてしまった時、まずは被害者へのお見舞いをしましょう。

被害者が、交通事故で傷害を負った、負わないに関わらず、被害者の自宅、または、入院先の病院へ必ず出向きましょう。

これは加害者としての誠意を見せることになり、後々の更なる争いに発展させないためでもあります。

交通事故での示談交渉は、ともすれば、感情的になり、交渉が全く進まないということになりかねないので、誠意はしっかりと、態度で示しましょう。

2|事故発生時、任意保険に加入していなかったら?

交通事故の被害者、加害者共に、事故に遭うことは初めてのことが多く、そうなると、お互いに何も分からなくなり、交渉することもまともに出来なくなります。

ここで、加害者が任意保険に入っていれば、保険会社が全て代行して交渉等を行うのですが、任意保険に加入していないとなると、代理人を立てることが出来ませんので、加害者本人が交渉等を行わなくてはなりません。

しかし、実際に何をやるのかわからない状態で、調べながら行っていくとなると、どうしても被害者への対応が後回しになってしまいがちです。

そうなると、「まだ見舞いにもこない!不誠実だ!」などと思われてしまいます。

3|被害者への対応

もし、保険会社を通さず、加害者、被害者の当事者間で高尚を行うのであれば、なるべく書面での交渉を行いましょう。

口頭ですと、口約束になり、後々言った言わないの争いが起きてしまい、お互いに感情的になり、全くまとまらない事にもなりかねません。

書面での交渉が出来ない事情があるのであれば、後の証拠として使えるよう、ボイスレコーダー等で会話を録音しておきましょう。

その上で、被害者に、損害賠償の支払いを行った場合は、支払った際の振込用紙や、被害者側からの請求書は必ず保管しておきましょう。

これは被害者に支払った損害賠償は自賠責保険に請求することが出来る為です。

4|弁護士に相談するということ

加害者が自分で損害賠償額を計算して、これは適正な額であると判断するのは容易ではありません。

同じく、被害者から来た請求額が適正な額なのかどうかも、不明点が多いと思います。

それぞれの損害賠償額が適正かどうかは、弁護士等の法律の専門家に確認した上で進めていきましょう。

交通事故 なんでも情報局
交通事故の用語 後遺障害の種類